憎きニキビを解消する方法|菌や角栓を根こそぎ除去してスッキリ

女の人

ぶつぶつ赤いのはいや

鏡を見るウーマン

にきびができると、赤く炎症を起こしたり、その場所が色素が沈着したり、クレーターのようにでこぼこになるといった症状になることがあります。悩んでいる場合は皮膚科や美容整形などで治療を受けることで、きれいな肌になることが可能です。

Read More

肌をスッキリ滑らかに

男性医師

原因と治療方法

にきびは毛穴が皮脂や老廃物で詰まり、そこに細菌が感染して起こります。炭水化物や脂質の多い食事をしていると、皮脂の分泌量が多くなりがちです。またストレスなどによるホルモンバランスの乱れが、皮脂の過剰な分泌を促すこともあります。女性の場合はメイク落としが不十分だと、毛穴を詰まらせることになります。最初は毛穴が膨らむ程度ですが、細菌によって炎症が起きると、赤く腫れて膿が出てくることもあります。下手に潰すと真皮にまで傷が残り、クレーター状のにきび跡で悩むことになりかねません。セルフケアでにきびの発生を抑えることは可能ですが、重症になってしまったら美容整形外科で治療を受けるのがお勧めです。美容整形外科ではにきびの症状に合わせて、さまざまな治療法が行なわれています。まず詰まっている角栓を取り除き、皮脂や老廃物を排出させます。また皮脂の分泌を減らしたり、にきび菌を殺菌して炎症を鎮めたりします。にきび跡にはターンオーバーを促進させ、新しい皮膚に入れ替える治療が効果的です。高価なレーザー機器や医師の処方が必要な治療薬など、医療機関でしか取り扱えない治療方法を採用できるのが、美容整形外科の強みと言えます。菌や角栓を根こそぎ除去してスッキリさせてくれるでしょう。

医療機関で使用する機器

にきび治療に用いられるレーザー機器には、炭酸ガスレーザーやフラクショナルレーザーなどがあります。炭酸ガスレーザーは詰まった毛穴を開いて、角栓を除去するのに効果的です。フラクショナルレーザーは皮膚に微細な穴を開け、線維芽細胞を刺激しコラーゲンの産生を促して、毛穴を引き締めたりハリを取り戻したりします。どちらかと言えばニキビ跡の治療に適したレーザー機器です。レーザーよりもマイルドな光を照射して、赤ら顔を改善する装置もあります。ケミカルピーリングも美容整形外科では人気メニューのひとつです。皮脂や老廃物の詰まった皮膚を酸の力で溶かし、肌全体を生まれ変わらせる効果が期待できます。トレチノインやハイドロキノンはターンオーバーを活性化させるとともに、強力な美白作用を持ち、色素の沈着を解消します。このほか内服薬でにきびの原因を取り除く場合もあります。複数の方法を併用すれば、それだけ治療効果も高くなると考えられます。にきび治療でレーザー機器を使用した場合、料金は3〜4万円ほどが目安です。もちろん治療する範囲によって大きく変わる可能性があるので、まずは納得できるまでカウンセリングを受けてみることが大切です。

完治を積極的に考える

2人の女性

にきびの治療方法はきれいに完治することが多いといわれる美容整形で治療する人が定番となっています。治療法方によってはダウンタイムが必要となること、施術を行った後のケアを適切に行うことこそ重要なポイントです。

Read More

目立つ肌トラブルの治療法

カウンセリング

美容整形外科、美容皮膚科でのにきびの治療は、現在レーザー治療や光治療など機器による治療が人気です。レーザー治療は赤にきびや、その痕に特に有効な治療法とされています。光治療はにきびだけでなく、他の症状も改善してくれるので便利です。

Read More

顔をさらにクリアに

レディー

気になるにきびの跡にはレーザー照射など整形でケアを行うことが出来ます。また、自分の持つ肌のパワーを引き出すためには、ケミカルピーリングを行うのも良いでしょう。気になる部分に薬剤を塗って、気になる部分を溶かす方法です。ゆっくりと新しい肌が蘇るので、見違えるような肌になります。

Read More