憎きニキビを解消する方法|菌や角栓を根こそぎ除去してスッキリ

婦人

目立つ肌トラブルの治療法

カウンセリング

肌トラブルが発生する原因

お顔の目立つにきびは悩みの種ですよね。にきびは美容整形外科、美容皮膚科での適切な治療で改善が可能とされています。自分でつぶしたり、そのまま放置し悪化してしまうと、痕が残りさらに目立ってしまいます。にきびが大量にできたり、大きく目立っている場合には早めに美容整形外科、美容皮膚科の専門医に相談して下さい。にきび発生の原因は一つではなく、様々な要因が重なり合うことで、肌に大きな負担がかかり、にきびは発生するとされています。その要因と考えられているのが、ストレスや睡眠不足、偏った食生活、便秘、紫外線、肌に合わないスキンケアなどが挙げられます。これらの要因が重なると皮脂の分泌が過剰となり、その大量の皮脂が毛穴を塞いでしまうのです。この毛穴に皮脂が詰まることで発生するのが、黒または白いにきびとされています。さらに塞がった毛穴の中でアクネ菌が増殖してしまうと、炎症が起こります。この炎症が重度とされている赤にきびなのです。さらにこの赤にきびは、治療を行なわず放置していると化膿していきます。化膿すると周囲の細胞を破壊していく為に、にきびが治っても目立つ痕がくっきりと現れてしまうのです。痕が残ってしまうと、元の綺麗な肌に戻すことが非常に困難になってしまいますので、赤にきびを確認したら早期に専門医に相談するようにしましょう。

肌トラブルの主な治療法

現在、美容整形外科、美容皮膚科での、にきびの治療はレーザー治療や光治療など機器による治療が主流となっています。レーザー治療は、主に赤にきびや赤みのあるニキビ痕の治療に非常に有効とされています。赤色にのみ反応するレーザーを照射する為に、周囲の細胞にダメージを与えることなく、赤にきび、ニキビ痕のみに熱エネルギーを与え治療することが可能なのです。治療は気になる部分にレーザーを照射するだけで、使用する機器によって差もありますが10分前後で治療は終了します。次に光治療とは、ほぼ全てのタイプのにきびや、にきび痕、さらにはシミ・そばかす、くすみなどの肌トラブル全般の治療が可能とされています。コラーゲンの生成を活性化させる光を照射する治療法であり、一人一人の肌の状態や、肌トラブルの程度に合わせ、光の波長を調整することも可能です。照射する光は、肌トラブル部分のメラニン色素や毛細血管にのみ反応する為、トラブルのない肌への影響は殆どありません。照射時は個人差もありますが、ゴムで肌を弾いた程度の軽い痛みを感じることがあります。使用する機器にもよりますが、施術時間は約30前後が平均とされています。レーザー治療、光治療用の機器は現在非常に多くの種類があり、機器によって特徴も異なります。美容整形外科、美容皮膚科を受診する前に、取り扱っている機器の特徴などをインターネットなどで下調べしておくと良いでしょう。