憎きニキビを解消する方法|菌や角栓を根こそぎ除去してスッキリ

婦人

顔をさらにクリアに

レディー

本当に消せるのか

思春期の頃の跡や、思わず潰してしまった大人にきびの跡など、何歳になってもにきびに悩まされることは男女問わず誰しもに起こり得るものです。でも、本来は肌はターンオーバーを繰り返しているので徐々に後は薄くなっていきます。でも膿が出てしまったところを強く何度もこすってしまうと傷痕のようになってしまうことがあるのです。そんな時に是非検討してほしいのが「整形」です。実は整形を活用すれば、簡単ににきび跡を消せます。凹凸が深くなってしまった場合でも、なるべく表面をクリアな状態まで導くことも可能です。ではどのような整形をにきびに対して行うのでしょうか。にきびは大きく分けて2つのタイプがあります。1つは白・黒にきび、もう1つは赤にきびです。白や黒い状態は多発していてもまだ初期の段階なので、正しくアクネ菌に対してケアを行えば跡が残らずにクリーンになります。この段階での早期治療が本来は跡が残らないベストなタイミングでしょう。自分で無理やり潰すのは厳禁です。最近人気があるにきび向け治療は「レーザー治療」です。レーザー治療は気になる部位に照射を行うことで、コラーゲンの生成を活発化させます。

ケミカルピーリングとは

レーザー照射以外にもにきびに対する美容整形外科のアプローチはまだまだあります。特に多くの男女が挑戦しているのはケミカルピーリングです。ケミカルピーリングとは、気になる部位に対して薬剤を塗り、溶かして肌の再生を促すというものです。少しヒリヒリすることがありますが、腫れなどに至る事はほとんどありません。極めて安全な方法で肌再生を行うことが出来ます。美容整形外科によっては、ピーリングであったり、ピールと呼んでいることもあります。初回だけ10日感覚の頻度で繰り返しますが、徐々に頻度は開いていきます。どんどん美しい肌が蘇ってくるので、鏡を見つめていても変化に驚くでしょう。このように整形と言ってもピーリングのような肌再生の技術もあるのです。メスや糸で顔を治すだけではなく、肌の内側に眠っている自分自身のパワーを応用することで、美しさは取り戻すことが出来ます。クレーターになってしまった凸凹の肌も、光照射の治療でゆっくりと肌再生を促すことが出来ます。このように自力であくせくと悩んでいるよりも、にきびにはプロのケアで速やかに対策を行った方が良いでしょう。また、気になるのは顔だけではないこともあります。背中のにきびにも光やレーザー照射で対応できます。